いまだに不正が行われている、走行距離不正改ざん。

プロでも見分けられず、市場で出回っていることがあるようです。

しかし、少しでも、そういった不正の中古車を見破って、購入を避けたいものです。

そこで、走行距離メーター不正改ざんを見破る、チェックポイントについてお話します。




走行距離メーター不正改ざんを見分ける5つのチェックポイント

【室内でチェック!】

走行距離メーター不正改ざんを室内で見分けます。

ポイントは、シートのヘタリ、ハンドル、シフトノブ、アクセルペダルのすり減りなどが、走行距離に比べてひどい場合は注意が必要です。


【メーターチェック!】

アナログメーターの場合は、線キズや差しキズが無いかチェックしましょう。

もし、それらにキズがあれば改ざんの疑いがあります。

また、数字の並びが悪い場合やメーターパネルの取り付けているネジ山が壊れている場合は疑わしいです。


【オイル交換シールをチェック!】

オイル交換をして時に、オイル交換済みのシールが貼れてます。

このシールが剥がされている車は注意です。


【ターニングベルトの交換チェック】

タイミングベルトの交換は10万キロをめどの交換されます。

ですから、10万キロに満たない状態で交換されていれば怪しいです。


【定期点検整備記録簿のチェック】

定期点検整備記録簿に記載されている走行距離を見ることで、メーター改ざんが発見できることがあります。

定期的にメンテナンスを受けていれば、問題ないでしょうが、整備点検記録簿が無かったり、全然記録誰ていなければ、疑った方がいいでしょう。

その他にもいろいろチェック項目はありますが、とりあえず上記5項目のチェックをしておくことをオススメし

このページの先頭へ