新車購入時に、自分が載っている車を下取りにして、少しでも、新車の購入価格を圧縮したいものです。

ほとんどの方が、新車購入時にディーラに車を引き取ってもらっていますが、それでいいのでしょうか?

もし、価値のある車なら、より高く評価してもらって、少しでも高く売却したいものです。

それでは、新車購入時の下取り車の処分は、どうすれば高く評価されるのかについてお話します。




<目次>
・下取り車の処分は、新車ディーラーそれとも中古買取業者?

・下取り車のボディの凹み、査定前に直すのかそのままなのか?

下取り車の処分は、新車ディーラーそれとも中古買取業者?

これも悩ましいところだが、そのままにして下取り査定に出したほうがおすすめです。

自分自身で修理工場などへ板金修理に出すと、その修理代金にはお店の利益が含まれているのは当たり前の話です。

一方で凹みや傷をそのまま下取り査定に出すときには減点されますが、この減点幅は自費修理での負担より軽くなっているとのことであります。

また事故修理歴の有無をセールスマンに自己申告するべきか否かという点は、下取り査定実施に際してセールスマンが事故などは起こしていますがとお客に聞くのがセオリーです。

小さな傷や凹みはセールスマンが実車確認でチェックするので、とくに伝える必要はないです。

そのときにば素、直に修理箇所やどんな修理をやったかを伝えることです。

とくにフレーム修正など大規模修復を行なっていたら、トラブル回遊のためにもしっかりと伝えよう。

【結論】
実費練理よりも負担が軽いので、そのまま下取り査に出すこど




下取り車のボディの凹み、査定前に直すのかそのままなのか?

いまや新車購入商談での値引き交渉で大きな存在感を見せるのが下取り車。

車両本体値引きは、ここ最近は車両本体価格中の値引き余力が少なくなっている傾向もあり、単体での値引きアップはなかなか厳しいです。

そこで用品値引きとともに値引きアップを後方支援するのが下取り査定の上乗せです。

下取り査定とは当該車両の内外装の状態や走行距離などをチェックして現状の価値判断を行なうことです。

そしてもうひとつあるのが買い取り専業店です。

下取り査定が新車購入の支援的側面が強いのに対し、買い取り専業店は中古車としての再販を生業としています。

買い取り専業店のほうが好条件は出やすいのですが、新車の納車を待たずに引き渡すケースも多いので注意が必要です。

ただ下取り車は商談のキーツールなので、下取り本命で買い取り店への売却は最終手段と考えてもらいたいです。

【結論】
好条件出やすいのは買い取り店だが、すぐ引き渡すケースも多い。

 

関連記事→同じ車種の新車を購入するなら!どのタイプ・グレードがお買い得?

このページの先頭へ