新車購入時の値引き交渉って、どうすればいいのかわからない方って多いでしょう。

人生で2番目に大きい買い物と言われている車購入だけに、少しでも安く購入したいですよね。

そこで、新車購入の値引き交渉に関する疑問にお答えしたいきます。




<目次>
・Q.ローンで値引きアップは有効なの?

・Q.交渉に適した時間帯なんてあるの?

・Q.車庫証明取得費用はカツトできない?

・Q.限界値の見極め方とは?

・Q.端数カットはお願いできるの?

・Q.納車費用カツトはいつ交渉すべき?

Q.ローンで値引きアップは有効なの?

A.朝一番もしくは閉店間際が有効

とくに適した時間帯というものはないが、朝一番(開店直後)もしくは閉店間際が狙い目ともいわれています。

その理由は、開店直後に訪店してくるのは購入本気度の高い証拠と判断されることが多いからです。

また閉店間際は、受注台数が足りなかった日などは、まさに救世主のように扱われ、短時間で好条件が出ることも多いといわれています。




Q.交渉に適した時間帯なんてあるの?

A.朝一番もしくは閉店間際が有効

とくに適した時間帯というものはないが、朝一番(開店直後)もしくは閉店間際が狙い目ともいわれています。

その理由は、開店直後に訪店してくるのは購入本気度の高い証拠と判断されることが多いからです。

また閉店間際は、受注台数が足りなかった日などは、まさに救世主のように扱われ、短時間で好条件が出ることも多いといわれています。

Q.車庫証明取得費用はカツトできない?

A.まずは値引きアップを優先

初回交渉でいきなりカットを切り出すのは少々問題ありです。

いきなりでは、そのカットした分は販売店の利益が滅らないように、値引きも削られると考えてよいでしょう。

本体値引きでその分も上乗せするぐらい頑張ってみるのが先決です。

そしていよいよ契約間近の段階で「車庫証明は自分でやる」と言えば、カットだけでなく、代行費用無料で営業マンがやってくれることも多いようです。

Q.限界値の見極め方とは?

A.営業マンが黙り始めたらサイン

百戦錬磨の営業マンはその仕事柄もあり商談時は非常に饒舌です。

セールストークのレベルが高い営業マンほど値引き額は少ないといわれています。

商談中もトークで値引きを抑えようとしてくるが、その営業マンの口数が少なくなってきた時は、いよいよ限界が近いと考えていいでしょう。

その黙った時に、殺し文句のように最終条件を切り出してみましょう。

Q.端数カットはお願いできるの?

A.システム上ダメというのもあるが…

注文書にいよいよハンコを押す時に「端数をなくしてよ」というのは、買い慣れた人のじょうとうく。

見積もり書の作成段階からパソコン入力で作成するため「端数切り」がやりやすいという考えもできます。

実際やってもらえる販売店もありますが、逆に端末入力になっだので端数切りができなくなったという厳売店もあるので、状況次第で判断しましょう。

Q.納車費用カツトはいつ交渉すべき?

A.今はカットありきが当たり前

営業マンがお客の家へ当該車両を持って行き納車とするのが以前は一般的だった。

しかし、営業マンがお客の希望先へ新車を運搬する際の事故のリスク回避などもあり、いまや店頭納車が大原則です。

むしろ、納車費用を事前にカットする販売店が目立ってきました。

初回見積りで計上されていれば、その時点でカットを要求しよう。

 

関連サイト→新車購入Q&A!新車購入のすべてに関するQ&Aにお答えします。




このページの先頭へ