アメリカの大手自動車メーカーGM=ゼネラル・モーターズは31日、自動運転の開発を行っている部門が、ソフトバンクグループなどが設立したファンドからおよそ2400億円の出資を受けると発表しました。

発表によりますとソフトバンクグループがサウジアラビアの政府系ファンドなどと設立したファンドは、GMのグループ会社「GMクルーズホールディングス」に22億5000万ドル、日本円にしておよそ2400億円を出資します。

GMクルーズはIT企業が集積するサンフランシスコに拠点を置き、自動運転の研究や開発を行っています。

…続きは↓↓↓↓
引用サイト→https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180601/k10011460791000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

自動運転の車が公道を走るのは、近未来のことになるのでしょうね。

話によると、東京オリンピックに、自動運転の車が走るとか?

しかし、交通ルールはどう変わるのでしょうか?

いろんな問題をクリアーにしていかないと駄目でしょう。

でも、高齢化社会で、自動運転は必ず必要になると思うので、早期の開発と、実用化に進んでほしいものです。




このページの先頭へ